4C ダイヤモンドの価値を語る4つのC

重量


カラットは宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2gに相当します。
大きなカット石のとれる原石の産出は少なく、
カラット数が大きくなるほど希少性が増すため、その評価は高くなります。

PROPONEREでは0.18〜0.5ctまでの8段階でお選びいただけます。
*デザインによりことなりますので販売員にご確認ください。


*このイラストは実寸とは異なります。



ダイヤモンドのカラーは無色透明は最高のDとし、
黄色味を帯びるにしたがってZまでの23段階に評価されます。
無色透明なほど希少価値があり、理想的とされています。

PROPONEREではD~Gまでのカラーからお選びいただけます。


color-d-g


clarity

透明度


ダイヤモンドの透明度を表します。
10倍の拡大鏡を通して、光の通過を遮る内包物の有無によりグレードを判定します。
内包物が少ないほど透明度が増し、その価値が高まります。

PROPONEREでは透明度の高いVVS1~VS2のクラスからお選びいただけます。



カット、プロポーション


カットの評価は、4Cのうち唯一人間の技術が決めるものです。
各部の寸法や角度を理想的な形状(プロポーション)にカットされた
ダイヤモンドは、光を無駄なく、全反射し、強い輝きを放ちます。

PROPONEREではエンゲージメントリングのセンターストーンすべてにExcellentを使用、
さらに対称性に優れたハートと矢の形が現れる
H&C(ハート&キューピッド)をセッティングしております。



理想的なカット

光の反射にムダが無く、あらゆる角度からその美しさを確認できる。


浅いカット

浅くカットされた石に入った光線は、反射しないので、せっかくの輝きも、
バビリオンから漏れて出てしまう。

厚いカット

厚すぎる石に入った光線は不適当な角度に反射されて上部に輝きが返ってこない。